« 2010年8月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年9月

2010年9月25日 (土)

今季も飲みました☆トロピカーナ シーズンズ・ベスト 深まる秋のスイートブレンド

今季も飲みました☆

トロピカーナ シーズンズ・ベスト 深まる秋のスイートブレンド

今回は、赤ぶどう、りんご、洋ナシ、いちじくのブレンドとなっております。

私的には、すっきり感のあるさわやかなお味でした~☆

興味のある方は、是非お試しくださいね^^

Photo

| | コメント (1)

2010年9月23日 (木)

女子大キャンパスの中にある正真正銘の神社☆

先日、ある神社へ行ってきました

名前は

岡田神社

ご祭神は

天之御中主神(あめの みなかの ぬしのかみ)

場所は、兵庫県西宮市にある岡田山という山にご鎮座しています

がしかし、ここはなんと神戸女学院大学の構内なのです。

もともと神社として、この場所にあったそうなのですが、後からここにスパニッシュ・ミッションスクールのこの女子大ができることとなり、現在のような状況にあるのだそうです。

現在は、近くの廣田神社の境外摂社となっているそうです。

参拝するには、構内に入らなければ参拝はできないので、大学の門のところにいらっしゃった警備のかたに許可を頂き、参拝させていただきました。

お社に着くと、堂々とご鎮座されてはいたのですが、お社周辺の境内は雑草が生え放題で、ちょっと残念でした。

また、一般の方も簡単に、もっと気軽に参拝できるようにしてほしいと思いはしたのですが、女子大ということもありそれはなかなか難しいのも理解できます。

何か神社だけでも気軽に参拝できる方法があればよいのですが・・・。

そんな神社ですが、興味ある方は是非参拝してみてくださいね

(もしかしたら大学本部の許可が必要になるかもしれません)Photo

| | コメント (0)

2010年9月22日 (水)

京都が舞台の式神を操るコメディ☆映画『鴨川ホルモー』

先日の空き時間にDVDを観た。

鴨川ホルモーS001

鬼という式神を操り、ホルモーという競技を通して繰り広げられる青春コメディである☆S002

式神とは、もともと陰陽師が使役する鬼神で主人公の安倍明といって、陰陽師の安倍晴明からきているそうだ。S003

また、京都の町並みが存分に楽しめ、以前京都に住んでいた私は、懐かしい場所だらけで、個人的に楽しめた。S006

(ちなみに著者の万城目学は京大出身で、同じく京大出身のロザンの宇治原と同級生だそうだ)

ちょっと不思議な万城目ワールドよかったらお楽しみくださいS010

**あらすじ&解説(goo映画より)**

二浪して京大生になった安倍は、喜んだのも束の間、目標を失い、すっかり5月病状態だった。そんな時、「青竜会」という謎のサークルからコンパに誘われる。何のサークルか分からないが、とりあえず参加すると、そこで安倍の“理想の鼻”の持ち主、早良京子と出会う。先輩たちは「普通のサークル」と言うだけで、何のサークルなのか一向に分からないが、彼女目当てで入部。そして、ついに安部は「青竜会」の実態を知ることに!S012

TVドラマ「鹿男あをによし」の万城目学のデビュー小説が映画化。京大「青竜会」という怪しげなサークルに入ってしまった主人公が、鼻が美しい美女を狙いつつ謎の競技「ホルモー」にハマっていく青春ドラマ。京都を舞台にしながら、風情溢れる京都の街並みは一切出てこず、また京大生の意外な悩みも暴露されている、オタクな京都映画でもある。出演は、山田孝之、栗山千明、石田卓也、芦名星ら。イケメン、山田孝之が腰をくねらせ、「ゲロンチョリー」と叫ぶ姿は爆笑。山田孝之の新しい一面に惚れ直すこと間違いなし。監督は、『犬と私の10の約束』の本木克英。さて、「ホルモー」とは?そして、「オニ」とは?それは、ご自身の目で確かめて。S013

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

えびすさんの里帰り☆

今月の9月23日(木)、兵庫県西宮市で、七福神のえびすさんの里帰りが行われます。

どういうことかといいますと、えびすさんはその昔、神であるイザナギとイザナミの間に生まれたのですが、体が不自由と言う理由で海に流され、一番最初に漂着したのが、今の神戸市兵庫区の和田岬だったのだそうです。

その後は今の西宮にたどり着き、そこで祀られ西宮神社ができたのですが。

その和田岬にある三石神社と和田神社にみこしを乗せた御座船にて、西宮の海を周航。

産宮船の2艘が和田神社と三石神社を参拝するそうです。

この海上渡御、9月23日の午後2時25分から新西宮ヨットハーバーにて行われますので、興味のある方は是非行ってみてくださいね。

ちなみに、これは西宮神社の例祭のひとつで、9月21日から西宮祭りが開催されるそうですよ☆

http://www.decca-japan.com/nishinomiya_ebisu/nisinomiya_maturi.html

| | コメント (0)

2010年9月 8日 (水)

兵庫県西宮市の紋はカゴメ紋(六芒星・ダビデの星)(?)

知人から教えてもらって知ったのだが、私が住んでいる西宮市の紋はカゴメ紋だ。

といっても、西宮(ニシノミヤ)の「ヤ」を6つつなげて丸くくっつけたらこのようなかたちになったようなのだが。

しかし、何故ニシノミヤの「ニ」でもよさそうなものを、わざわざ最後の文字「ヤ」にしたのかは謎である。

どなたかご存知の方いらっしゃったら教えてください☆

Photo_2 

| | コメント (0)

2010年9月 7日 (火)

神戸ならではの史跡☆勝海舟寓居跡

先日ご紹介した、五宮神社の近く

勝海舟寓居跡

を見つけた。

まさか、こんなところにこんなものがあったなんて。

確かに神戸は港町で、港としての歴史も古いため、幕末の有名な多くの人物も神戸あたりにいたことは聞いてはいたのだが。

彼は、文久3年(1863年)に神戸海軍操練所を開設した際、この地、旧神戸村の庄屋生島四郎太夫の別邸を寓居とした。

また、彼が主宰した「海軍塾」の塾頭の坂本竜馬も当地を訪れたとか。

ちょっと山のほうになりますが、神戸市営バスの平野バス停からが一番近いと思います。

歴史好きの方は、観光のついでに是非訪れてみられてはいかがでしょうか

(ただし中には入れないようです)AB 

| | コメント (0)

2010年9月 6日 (月)

☆生田神社を守護する神社☆(7)七宮神社

いよいよ、今回が生田裔神八社ご紹介の最後となります。

今回は七宮神社です。

しかし、以前少しブログに書きましたので、もう内容をご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

が、ちょっとご祭神に謎があったりもします。

**七宮神社**

場所は神戸市兵庫区七宮町2丁目。

御祭神大己貴命(おおなむちの みこと)で、南浜の和田神社に対し、兵庫北浜一体の産土神(うぶすながみ)

そして、天児屋根命(あめの こやねの みこと)で、アマテラスの岩戸隠れの際、岩戸の前で祝詞を唱えたといわれる神だ。

平清盛が、兵庫築港(経ヶ島)の大工事を無事に終えるに当たって、感謝のため社殿を建立し、自筆の南無七大明神の神号をまつち、金幣を奉納したといわれる。

また、高田屋嘉兵衛が、所有船「辰悦丸」など模型船を奉納し会場安全を祈願したことから、多くの廻船業者がこれに習っていたが、戦災により模型船や古文書は消失してしまった。

近くにはビリケンさんがいる鎮守稲荷神社や松尾稲荷神社がある。

さて、ご祭神の大己貴命(おおなむちの みこと)は、大国主命の別名という説もあるが、どうなのか実際のところは謎のようだ。

さらに、ご祭神について何かほかに気付かれるところはあるだろうか。

一宮から、今回の七宮までのご祭神をすべて見ていただければおわかりになるかもしれない。

一~六、八宮のご祭神はすべてアマテラスとスサノオの誓約で生まれているのだが、なぜかこの七宮神社のご祭神は、この誓約に関係なく、また二人の子供でもない

さらに、この誓約の際に生まれた活津日子根命(いくつ ひこねの みこと)だけが、生田裔神八社のどの神社にも祀られていない。

どなたか、謎が解けたらご一報くださると嬉しいです

よろしくお願いいたします。

そんなわけで、長々とお読みくださりありがとうございました。

| | コメント (0)

2010年9月 5日 (日)

☆生田神社を守護する神社☆(6)六宮神社 ・八宮神社

前回に引き続き、生田裔神八社をご紹介いたします。

が、今回は2社のご紹介となります。

というのも、六宮神社が、明治初期の道路拡張のため、八宮神社に合祀されたからです。

**六宮神社・八宮神社**

場所は神戸市中央区楠町3丁目。

六宮神社のご祭神天津彦根命(あまつ ひこねの みこと)で、アマテラスとスサノオの誓約の際にアマテラスの勾玉から生まれた神

そして、応神天皇

八宮神社のご祭神熊野杼樟日命(くまの くすびの みこと)で、六宮神社と同じように、アマテラスの勾玉から生まれた

そして、スサノオもご祭神だ。

神社は、交通量の多い道路に面しているが、境内の中は意外と静かだった。

また、境内には稲荷神社もある。Photo

| | コメント (0)

2010年9月 4日 (土)

☆生田神社を守護する神社☆(5)五宮神社

前回からご紹介している、生田裔神八社

今回は五番目、五宮神社です。

**五宮神社**

場所は、神戸市兵庫区五宮町。

大倉山公園の約500メートル弱、北方の山のほうで、以前ご紹介した雪見御所跡から徒歩約10~15分のところにある。

ご祭神天穂日命(あめの ほひの みこと)でアマテラスとスサノオの誓約の際に、アマテラスの勾玉から生まれた

神社の中は静かで、木々も少ないせいか明るかった。

ちなみに、神社の前までは車では行けないうえ、坂道もあるのでご注意くださいね

Photo_5

| | コメント (0)

2010年9月 3日 (金)

☆生田神社を守護する神社☆(4)四宮神社

前回に引き続き、生田裔神八社をご紹介していきますね☆

**四宮神社**

場所は兵庫県庁北側道路を隔てた西方にあり、向かいに聖ミカエル大聖堂がある。

神戸市中央区中山手通5丁目。

ご祭神市杵島姫命(いちきしま ひめの みこと)である。

広島の厳島神社のご祭神としても有名だ。

この市杵島姫命(いちきしま ひめの みこと)も、アマテラスとスサノオの誓約の際、スサノオの剣より生まれた

また、昔この神社の崇拝会の会長を扇千影がされていたらしい。

境内には稲荷神社や八幡社などがある。Photo_4

| | コメント (0)

2010年9月 2日 (木)

☆生田神社を守護する神社☆(3)三宮神社

生田裔神八社について、前回に引き続きご紹介いたします

今日は、まさに神戸繁華街のど真ん中、参拝はされなくとも、見かけたことがある方は多いだろう神社です。

**三宮神社**

場所は、まさに大丸神戸店の斜向かい、神戸市中央区三宮町2丁目。

ご祭神湍津姫命(たきつ ひめの みこと)

一宮神社の田心姫命とともに、アマテラスとスサノオの誓約の際、スサノオの剣から生まれた女神のひとり

1868年(慶応4年)に、まさにこの神社の前で三宮事件が起こった。

(外国の兵と備前藩(岡山)が衝突した事件)

境内には他のお社もありますので、旧居留地や大丸などの買い物帰りに立ち寄ってみられてはいかがでしょう。

Photo_3

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

☆生田神社を守護する神社☆(2)二宮神社

前回に引き続き、生田裔神八社をご紹介していきますね

**二宮神社**

場所は神戸市二宮町3丁目、一宮神社から、それほど遠くない距離にある。

ご祭神は、天忍耳穂尊(あめの おしほ みみの みこと、応神天皇。

境内には稲荷神社や、椋白龍社がある。

この神社の神域はちょうど、布引の滝が生田川となって海に注ぐ「龍神様の道」にあたり、境内の椋の木は龍神様が宿るご神木とされ祀られていたが、龍神様などの逸話が近世でもみられたため、椋白龍社として祀ることになったそうだ。

ちなみに、天忍耳穂尊(あめの おしほ みみの みこと、はアマテラスとスサノオの誓約によりアマテラスの勾玉から生まれた神の一人

| | コメント (1)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年12月 »