« えびすさんの里帰り☆ | トップページ | 女子大キャンパスの中にある正真正銘の神社☆ »

2010年9月22日 (水)

京都が舞台の式神を操るコメディ☆映画『鴨川ホルモー』

先日の空き時間にDVDを観た。

鴨川ホルモーS001

鬼という式神を操り、ホルモーという競技を通して繰り広げられる青春コメディである☆S002

式神とは、もともと陰陽師が使役する鬼神で主人公の安倍明といって、陰陽師の安倍晴明からきているそうだ。S003

また、京都の町並みが存分に楽しめ、以前京都に住んでいた私は、懐かしい場所だらけで、個人的に楽しめた。S006

(ちなみに著者の万城目学は京大出身で、同じく京大出身のロザンの宇治原と同級生だそうだ)

ちょっと不思議な万城目ワールドよかったらお楽しみくださいS010

**あらすじ&解説(goo映画より)**

二浪して京大生になった安倍は、喜んだのも束の間、目標を失い、すっかり5月病状態だった。そんな時、「青竜会」という謎のサークルからコンパに誘われる。何のサークルか分からないが、とりあえず参加すると、そこで安倍の“理想の鼻”の持ち主、早良京子と出会う。先輩たちは「普通のサークル」と言うだけで、何のサークルなのか一向に分からないが、彼女目当てで入部。そして、ついに安部は「青竜会」の実態を知ることに!S012

TVドラマ「鹿男あをによし」の万城目学のデビュー小説が映画化。京大「青竜会」という怪しげなサークルに入ってしまった主人公が、鼻が美しい美女を狙いつつ謎の競技「ホルモー」にハマっていく青春ドラマ。京都を舞台にしながら、風情溢れる京都の街並みは一切出てこず、また京大生の意外な悩みも暴露されている、オタクな京都映画でもある。出演は、山田孝之、栗山千明、石田卓也、芦名星ら。イケメン、山田孝之が腰をくねらせ、「ゲロンチョリー」と叫ぶ姿は爆笑。山田孝之の新しい一面に惚れ直すこと間違いなし。監督は、『犬と私の10の約束』の本木克英。さて、「ホルモー」とは?そして、「オニ」とは?それは、ご自身の目で確かめて。S013

|

« えびすさんの里帰り☆ | トップページ | 女子大キャンパスの中にある正真正銘の神社☆ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。