« 風光明媚で日本史や文学にも登場してきた須磨を歩く③須磨の海と神社 | トップページ | 風光明媚な神戸・須磨にこんな源平ゆかりの地が・・・① »

2011年4月19日 (火)

娯楽として気軽に楽しめました☆映画『エアベンダー』

前ですが、借りてたDVD

エアベンダー

を観た。

確かラジー賞をとった映画だった気がする。S007

しかし、あまり深く考えず気楽に見ることができ、私的には楽しめた。

四大のそれぞれを操る様は、楽しい。

ファンタジー好きには、いいかもしれません。

私は、続きが見てみたいと思いました。

**あらすじと解説(goo映画より)**S008

かつて世界は、4つの王国-気、水、土、火-によって均衡を保っていた。

各国には、それぞれ4つのエレメントを操る能力を持つ“ベンダー”が存在し、彼ら“ベンダー” の中で、すべてをマスターした者が“アバター”と呼ばれていた。

その“アバター” によって世界の秩序は保たれ、人々は平和に暮らしていた。

火の王国が反乱を起こすまでは……。

世界に調和をもたらすことができる存在“アバター” になるべくこの世に生を受けた選ばれし者、それは、「気の王国」最後の生き残り、“エアベンダー” のアンだった。そして今、世界の命運をかけた壮大なトリロジーが始まる……。(作品資料より)

解説 - エアベンダーS009

「シックス・センス」、「ハプニング」のM・ナイト・シャマラン監督が贈るファンタジーアドベンチャー大作。気、水、火、土のエレメントを4つの王国が統治する世界で、戦乱に荒れる世を救う使命を託された少年の冒険を描く。出演は実際に格闘技経験を持つノア・リンガー、「スラムドッグ$ミリオネア」のデヴ・パテル。3D/2D同時公開。

あらすじ - エアベンダーS012

かつて、気、水、土、火の4つの王国により均衡を保っていた世界。それぞれの王国には気、水、土、火のエレメントを操ることができる“ベンダー”と呼ばれる者たちがいた。中でも、4つのエレメント全てを操り、世界に調和をもたらすことのできるベンダーは、“アバター”と呼ばれて崇められていた。アバターは4つの王国から順番に誕生することになっており、さらに、アバターになるためには多くの犠牲を払わなければならなかった。ある時、火の王国が反乱を起こし、世界の秩序は崩壊。100年に及ぶ戦乱の時代に突入する。アバターが誕生する予定になっていた気の王国は、火の王国の攻撃によって全滅。アバターになるための修行を重ねていた12歳のアン(ノア・リンガー)は、氷に閉じ込められてしまう。100年後。眠りから目覚めたアンは、水の王国のベンダーである少女カタラ(ニコラ・ペルツ)と兄のサカ(ジャクソン・ラスボーン)に出会い、一緒に世界に調和をもたらす宿命の旅に出ることになる。一方、世界征服を企む火の王国の王オザイ(クリフ・カーティス)は、心優しい王子ズーコ(デヴ・パテル)に、アンを捕らえてくるまで戻らぬようにと、命令を下す。水の王国で水の技の修行に励むアン、カタラ、サカの前に立ち塞がるズーコとその軍団。戦場と化したこの国で、王女ユエ(セイチェル・ガブリエル)はある壮絶な決意を固める。その頃、火の王国の侵略を受けつつある土の王国では、土のエレメントを操るアースベンダーたちが囚われの身となっていた。窮地を脱し、この地に辿り着いたアンの一行は、アースベンダーたちのその姿に“自分たちの力を信じて、ともに立ち上がり戦おう”と訴える……。果たして、アンは自らの過酷な運命を克服し、アバターとなって世界に再び安定と調和をもたらすことができるのか……?


|

« 風光明媚で日本史や文学にも登場してきた須磨を歩く③須磨の海と神社 | トップページ | 風光明媚な神戸・須磨にこんな源平ゆかりの地が・・・① »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風光明媚で日本史や文学にも登場してきた須磨を歩く③須磨の海と神社 | トップページ | 風光明媚な神戸・須磨にこんな源平ゆかりの地が・・・① »