« きれいにまとまっていて、オシャレ(?)『英国王のスピーチ』 | トップページ | ヴァレンタイン前に是非!!映画『ジュリエットからの手紙』 »

2012年2月 2日 (木)

X-MEN好きな方には是非!映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』

X-MENが好きなので、楽しめました。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション

X-MENのプロフェッサーXとマグニートの対立の原因もわかり、ファンの方にはもちろん、そんでない方も楽しめるのではないでしょうか。S001_6

まあ、ファンの方はすでに観終わっていると思いますが^^

***あらすじ&解説(goo映画)***S002_6

驚異的な特殊能力を秘めたミュータントたちの激闘を、最先端のVFXで映像化し、21世紀最高のSFアクション・サーガとして絶賛を博した「X-MEN」シリーズ。

本作では、なぜミュータントたちは分裂したのか、なぜマグニートーは人類を憎むのか、なぜプロフェッサーXは車椅子の身になったのか……世界中の映画ファンが知りたいと願う幾多の謎の答えが、ドラマチックかつ衝撃的に語り明かされる。

『ウォンテッド』のジェームズ・マカヴォイと、今最も将来を嘱望されるマイケル・ファスベンダーがチャールズ&エリックに扮し、フレッシュな若手注目株が多数共演。

監督は、『キック・アス』で型破りなアクション&ビジュアル感覚を発揮したマシュー・ヴォーン。(作品資料より)S003_5

解説 - X-MEN:ファースト・ジェネレーション

人気アメコミシリーズの最新作。遺伝子の突然変異によって超能力を身につけた“ミュータント”たちを二分させて反目しあう、プロフェッサーXとマグニート。

ふたりの若き日の姿と決定的衝突を生み出してしまう事件を、壮大に映し出していく。監督は「キック・アス」のマシュー・ヴォーン。S004_4

出演は「終着駅 トルストイ最後の旅」のジェームズ・マカヴォイ、「イングロリアス・バスターズ」のマイケル・ファスベンダー、「ノウイング」のローズ・バーン。S005_2

あらすじ - X-MEN:ファースト・ジェネレーション

 

1960年代。裕福な家庭に生まれ、名門大学に通うチャールズ・エグゼビア(ジェームズ・マカヴォイ)は、強力なテレパシーを使うことができるミュータントだった。S006_2

チャールズは、自分と同じような特殊な能力を持つ者の存在に気付き始める。

そんなときに出会ったエリック・レーンシャー(マイケル・ファスベンダー)は、強力な磁力を発生させ、あらゆる金属を自在に操る能力を持っていた。

エリックはナチスに母親を殺され、復讐を誓いひとりで生きてきたという過去があった。ミュータントの能力を使い、人類と闘うべきか共存するべきか異なる信念を抱いていた2人だったが、友情を深める。S007_2

やがて2人は世界各地のミュータントを仲間として迎え入れていく。

しかし、戦時中にエリックの母親を殺した元ナチスの科学者セバスチャン・ショウ(ケヴィン・ベーコン)が、ミュータント集団“ヘルファイヤークラブ”を結成し、恐るべき計画を実行に移す。

チャールズとエリックはその野望を阻止しようとするが、彼らの友情の絆は引き裂かれ、チャールズはX-MENを設立するプロフェッサーXに、エリックはミュータント・テロリスト軍団“ブラザーフッド”の首領マグニートという、反する道へ進んでいく。S008_3

S009





|

« きれいにまとまっていて、オシャレ(?)『英国王のスピーチ』 | トップページ | ヴァレンタイン前に是非!!映画『ジュリエットからの手紙』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きれいにまとまっていて、オシャレ(?)『英国王のスピーチ』 | トップページ | ヴァレンタイン前に是非!!映画『ジュリエットからの手紙』 »